-Love-

【楊貴妃に学ぶ】最強に愛される秘訣

楊貴妃(ようきひ)もクレオパトラのように国を揺るがすほど愛された女性です。

その容姿はクレオパトラ同様、絶世の美女ではなかったと言われています。

艶やかな髪に透明感のある肌、そしていつも良い香りを身に付けていました。

楊貴妃は「龍脳」という香りを付けていました。遠くまで香るほど、香水をたっぷりとつけていたのです。

そして、誰に対しても優しく穏やかな性格をしていました。

織姫を拡大表示

(画像はfreepicsで購入しています)

広大な宮廷には何千もの美女がいましたが、たった一人楊貴妃だけが愛されていたのです✨

皇帝は彼女の為の使用人を何千人も雇い、湯水のように貢いでいたのです。

そして楊貴妃を連れて歩かない日がないほどの溺愛ぶりでした。

🍷楊貴妃流、魅了の仕方✨📝

✔誰に対しても優しく、穏やかな性格で皇帝を癒していた。

✔クレオパトラ同様、香水が大事だと考え、いつも良い香りを身につけていた。

✔贈り物や貢ぎものに謙遜せず、お礼を言い受け取っていた。楊貴妃はただ愛を受け取るだけだった。

侍兒扶起嬌無力、始是新承恩澤時 ー長恨歌(楊貴妃の漢歌)ー  侍女が楊貴妃を助けていても彼女は無力に見えた。こうして皇帝に愛された。

家を拡大表示

楊貴妃はどんな人?溺愛された理由と名言

楊貴妃はライチが大好きでした。

皇帝は楊貴妃のために、新鮮なライチを森から馬で運ばせていました。

皇帝と遊びをして皇帝が負けそうになると、皇帝が負けないようにしてあげたり、気を遣ってあげることも。

他にはよく、楊貴妃が嫉妬する→自ら謝って愛が深まるということもありました。

🍷楊貴妃流、魅了する方法✨📝

✔自分の好きなものをはっきりさせてプレセントしてもらう。そして簡単に喜ばせることができると考えた皇帝からの貢ぎものが止まらない状態に。

✔皇帝のプライドを傷つけないように気を遣っていた。

✔自ら嫉妬をして自ら謝っていた♡

臨別殷勤重寄詞、詞中有誓兩心知 ー長恨歌(楊貴妃の漢歌)ー      別れる時も丁寧に言葉を使っていた。その中には王と楊貴妃だけにしか分からない言葉があった。  

画像3を拡大表示

皇帝も楊貴妃も音楽がとても得意で、楽器や舞踊などを誰よりも上手にやってみせ、趣味が良く合う仲でした🪕

皇帝は王の中でも教養はもちろんのこと、国を良くするために動き続け、国民に愛されていた王でした。

しかし皇帝は楊貴妃に夢中になるあまり、楊貴妃の為なら国がどうなっても構わないという振る舞いをしてしまいます。

やがて乱が起こり、逃げることになったのです。

そして悲劇が起こります。

家2を拡大表示

家臣達に「すべては楊貴妃のせいだ」と責められ、楊貴妃は死に追いやられてしまうのです。

楊貴妃と皇帝は最後の瞬間まで、2人にしか分からない合言葉を使っていました。

そして楊貴妃の死後、皇帝は楊貴妃の似顔絵を眺め、楊貴妃の好きだった植物を側に置き、楊貴妃を思いながら生涯を過ごしたのでした。

🍷楊貴妃流、魅了する方法✨📝

✔︎2人しか分からないカップル語を使っていた。これにより、2人だけにしか分からない世界を作り上げていた♡

✔趣味を共用できる相手である。そしてその趣味を極めており、いろんな楽器を弾ける努力等をして魅了していた。

✔人生をただ王と楽しんでいるだけだった。愛を受けとることだけで皇帝を夢中にしていた♡

🌲国を揺るがすほど溺愛されてしまいましょう✨