ーWishー

願望が叶った状態から手放す(引き寄せが叶わない原因)

今回は引き寄せの法則についてのお話です。

引き寄せの法則は思考が現実になるという法則です。

自分がネガティブな思考を持っている場合、それは今の自分とは切り離して考える必要があります。

引き寄せの法則を本当に叶えるには感情、潜在意識、波動をまず変えること。

引き寄せの法則はシンプルです。

思考は現実になる。

同じ思考が引き寄せられる

引き寄せはザ・シークレットという本で知られるようになりました。

思考=自分の願いだけではありません。

英語の本の原文では

thinking became things

と書かれています。

このthinking(考えている)は願い、感情、潜在意識など様々な思考を差しています。引き寄せは総合的な思考に左右されています。

願いが現実になるだけだったら、wish come trueなどと表現されるはずだからです。

願いだけを考えていても良い感情や心から信じている潜在意識などを持っていないと叶わないのが引き寄せです。

願いを叶えたいならその願いに対して、ネガティブな気持ちを持たない、願いが引き寄せやすいのは願いと同じ良い感情を持っている時とも捉えることが出来ます。

良い気分(嬉しい、ありがとう、感謝、楽しい、わくわく)

でいると、同じ感情のものを引き寄せるので、願いが叶いやすくなります。

願いがあってもいつも不安や不満を考えていると叶いにくくなります。

なぜなら自分の潜在意識は強い方に反応するからです。

不安や不満の方が願いよりも強ければ、そちらの願いが叶うことになってしまいます。

なので、願いを考えたら良い気分でいることに全力を注ぎます。

不安になったり疑ったりしないことも大切になってきます。

いつも考えていることを引き寄せるのはシンクロ二ティという方法でも証明されています。

引き寄せは既にある状態から考えるのが効果的。願いが叶う直前の前兆は?

引き寄せを使う時は

「願いが叶った状態から今を振り返ってみる」方法がオススメです。

例えば、「大好きな彼と結婚出来ました。去年の私を振り返ってみたいと思います。去年の私は、、、」

などとすでに叶った自分からまだ叶っていない過去の自分を回想してみるのです。

また、もう一つの叶った状態から考える方法をお教えします。

まず理想の自分の夢が全部叶った状態だとして、その願いをメインではないと考えてみるのです。

どうしても叶えたい夢を2番、それほど重要ではない夢と考えて、願いへの気持ちを軽くします。

願ったら忘れないといけないのが引き寄せです。

願いが重すぎると叶わないのが引き寄せです。

なので願いがすべて叶った気分の良い自分の状態から2番目の夢を考えてみるのです。

すると「叶わなくても叶ってもどっちでも良いや」と軽い気持ちで考えることが出来るようになります。

手放していることと同じことが出来るようになります。

上で書いたように良い気分を保つために瞑想をするのもオススメです。

瞑想をして心をからっぽにする練習が効果的です。

自分を信じれば、潜在意識で自分の願いが叶うことを疑うことが減ります。

その他には部屋と心はつながっています。

部屋を掃除しましょう。人はとても環境に左右されやすい生き物です。

心と体はつながっています。なので起業家の方などはワークアウトをかかしません。

引き寄せの法則をやっている方はその日あったいいことや感謝のノートをつけている方が多いです。

これは

「いい気分を保つため」です。

これによって願いが叶うからです。

ニュース等、自分が望んでいないのにネガティブな情報が入ってくるものや人からは遠ざかるのも効果的です。

引き寄せが叶う前兆は、自分が願ったものに関する情報を目にしやすくなることが多いです。

目にしやすくなってきたら叶う前兆だと思ってワクワク過ごしましょう♪

↓noteはこちら